全身麻酔で看護婦2人にちんこ初めて見られた体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょうど俺がハタチになったくらいの頃だったと思う。

盲腸になって、都内の大学病院に少し入院したことがある。

全身麻酔だし、ちんこの先から管を通す時、何人もの看護婦さんにちんこ見られた。

まだ俺は童貞で、思春期以降誰にもちんこなんて見せたことなかった。

最初の検査の時、看護婦2人がいて、「ズボンとパンツ全部脱いで、ここのベッドに横になってください」と言われた。

看護婦2人は2人とも20台中盤くらいに見えた。

カーテンが閉められ、そこでイソイソと下半身裸になる。

看護婦が忘れたように「あ、横になったらこれでお股のトコ隠してくださいね」と、カーテンの隙間からタオルを差し出してきた。

俺はかなり恥ずかしかったが、言われた通りにちんこ丸出しの上にタオルを載せ、「終わりました」とカーテンの外の看護婦に声をかけた。

看護婦2人がカーテンをシャーッと開けて、医師も来た。

恥ずかしかったけど、タオルがかかってるしそこまで恥ずかしくはありませんでした。

しかし、看護婦がいきなり「ちょっと失礼しますね」と言って俺のタオルを剥ぎ取った。

俺はびっくりした。

女性2人の前でちんこ丸出し。

2人とも視線は完全に俺のちんこに。

看護婦は、俺のタオルを取って広げると、もう一回ちんこの上にかぶせてくれた。

俺のタオルを広げただけだった。

でも、言ってくれたら直すのに。。。と思った。

見られ損じゃん。

かなり悔しかったし、屈辱的な体験でした。

あなたへのおすすめ