漫画喫茶で全裸で寝ていたら美形の女子大生スタッフが起こしに来てちんこを見られたCFNM体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、都内の某漫画喫茶でのこと。その漫画喫茶は夜通し営業しているが、日曜の10時に1度閉まって12時にまた開店する、という仕組みだった。

俺は今大学4年生で、同級生と土曜の明け方まで飲んでおり、その漫画喫茶に行った。就活もちょうど決まり、はっちゃけていたのがまずかった。その夜のことはほとんど記憶がなく、とりあえず起きたときには全裸で漫画喫茶のルームにいた。

しかし、起きた時が問題だった。朝10時に、簡易的な漫画喫茶独特の扉をノックする音で目が覚めた。「すいません、閉店のお時間ですのでお先にお会計お願いします」と聞こえた。

俺はとっさに「はい」と言ったのと同時に、自分が全裸であることに気づいた。しかも声の主はなかなか若い。これはまずいと思った。

しかし寝起きでそんな瞬時に判断できるはずもなく、残酷なことに扉が開いた。するとそこには、めっちゃ可愛い(電車で見たら見とれてしまうレベル)の同い年くらいの女性スタッフが、驚いた表情で俺の伝票を持って立っていた。

もちろん、彼女の視線は俺のちんこに注がれており、「あ、あ、すいません!失礼しました!」と言いながらも、彼女も咄嗟のことでどうしていいかわからない感じで、「お先にお会計お願いします!」と伝えた。

俺は「すいません!」と言いながら急いで財布を出し、とりあえず1万円札を渡し、「とりあえずこれで!」と言った。彼女は1万円を受取り、「失礼しました!」と言いながら、扉を閉めた。この間もずっと、俺のちんこに目が釘付けだったことが印象に残っている。

20秒後くらいに、彼女は「失礼します、よろしいですか?」とお釣りを持ってきた。俺はその時には服を着ていて、普通にお釣りを受け取った。

お釣りを渡しているときと、最後に店から出るとき、俺が恥ずかしすぎて下を向いていたが、チラッと彼女の方を見ると、ニヤけた、自信ありげな表情で、じっと俺の顔を見つめていた。

あなたへのおすすめ